内痔核治療・ジオン注

こんなお悩みございませんか?

こんなお悩みございませんか?

  • 排便の際に出血がある。
  • 肛門に痛みがある。
  • 肛門から組織が出ている/出ていることがある。
  • 下着が汚れることがある。
  • 肛門科へ通院するところを見られたくない。
  • 仕事、学校を休まずに痔を治したい。
  • 何度も通院したくない。
  • 切開や痛みのある治療を避けたい。
  • 診察、治療でどんなことをされるのかが不安。
  • 治療後に痛みが出るときいているので、治療に踏み込めない。

肛門の病気

痔核(いぼ痔)

排便時の負荷などにより、肛門内部の静脈に血液がたまり、膨らんでいぼ状になったものを「痔核」と呼びます。いわゆる「いぼ痔」です。
このうち、肛門の皮膚と粘膜部の境目、歯状線を境目として、内側にできるのが内痔核、外側にできるのが外痔核と言います。

裂肛(切れ痔)

硬い便が出たときなどに肛門が引き伸ばされ、粘膜部に切れたり裂けたりすることにより生じるのが、裂肛です。いわゆる「切れ痔」です。

肛門周囲膿瘍、痔ろう

直腸、もしくは肛門周辺での感染により、膿を持ったものを「肛門周囲膿瘍」と呼びます。
自然に膿が出たり、切開による排膿で縮小することはありますが、治癒は難しく、肛門周辺に膿の出口(トンネル)を形成することがあります。これを「痔ろう」もしくは「あな痔」と言います。

痔核(いぼ痔)について

痔核のうち、肛門の皮膚と粘膜部の境目、歯状線を境目として、内側にできるのが「内痔核」、外側にできるのが「外痔核」と呼ばれています。

内痔核

内痔核の原因
  • 排便に時間がかかる。
  • 便秘が続いている。
  • 排便時のいきみが強い。
  • 長時間座っていることが多い。
内痔核の症状

痛みはほとんどありません。出血、肛門からの組織の脱出で異常に気づかれるケースが多く見られます。
進行すると、組織が脱出したまま戻らなくなります。

外痔核

外痔核の原因
  • 便秘、下痢が続いて肛門に負荷がかかっている
  • アルコールや辛いものの摂り過ぎ
  • 長時間歩き回る/座りっぱなし
  • 冷え
  • ストレス
外痔核の症状

腫れ、痛みを伴うことが多い一方、出血はあまりありません。

ジオン注による治療(内痔核硬化療法)

ジオン注による治療当クリニックでは、痔核のうちでも特に内痔核の治療に高い効果を発揮する「ジオン注」(=ALTA、アルタ療法)を導入しております。
痛みも少なく、入院の必要もありません。
※すべての内痔核の方に適用できるわけではありません。痔核の程度を診察した上で、適切と判断した場合にのみ、治療を行います。

ジオン注とは

2005年に開発された画期的な治療法です。内痔核に対して、4段階の薬液注射を行います。切開は必要なく、注射のみです。
外科手術と同等の効果・治癒率があることが確認されています。

ジオン注のしくみ

4か所(痔核上部の粘膜、痔核中央の粘膜下層、痔核中央の粘膜固有層、痔核株の粘膜)への薬液注射により、痔核への血液の流入が遮断され、痔核が小さくなります。
その後、1週間~1か月ほどかけて、伸びていた組織が元の箇所に戻り、固定され、脱出がなくなります。

注射薬液について

「硫酸アルミニウムカリウム」と「タンニン酸」を有効成分とする治療薬「ジオン」を注射します。

硫酸アルミニウムカリウム

炎症と線維化を起こし痔核の組織を退縮させるためのものです。

タンニン酸

硫酸アルミニウムカリウムによって起こる炎症の程度をコントロールし、組織障害などを防止します。

合併症(副作用)について

注射箇所の痛み、腫れ、発熱、肛門部の違和感、直腸潰瘍などが生じることがあります。
万が一このような症状が発生した場合には、迅速に対応致します。

TEL:0798-23-6755
一番上に戻る