胃カメラ・胃内視鏡検査

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)について

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査とは胃カメラ検査は、咽喉頭部から食道と胃、そしてその先の十二指腸までを直接カメラで観察することができます。

  • 食道がん、胃がんの早期発見
  • 逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌感染の診断

などにおいて、非常に大きな役割を果たしています。ごく一部の組織を摘み取り、検査を行うこともできますので、正確な診断が可能になります。
当クリニックでは、患者様のご負担を少しでも軽減し、また気軽に検査を受けていただくため、経鼻内視鏡を使った検査、鎮静剤、鎮痛剤を併用した検査にも対応しております。

鎮静剤と鎮痛剤を併用して、うとうとしている間に検査を受けることも

特に、初めて胃カメラ検査を受けられる方、以前とても辛かったという方には、鎮静剤と鎮痛剤を使って、半分眠った状態のまま検査を受けていただくことも可能です。少し眠くなり、気づいたら終わっているという感じで、ほぼ不快感のない検査が可能です。

当クリニックの胃カメラ検査の特徴

苦痛の少ない胃カメラ検査

苦痛の少ない胃カメラ検査「胃カメラ検査」というと、太いスコープを喉から通すイメージが強く、その際の嘔吐反射や不快感を心配されている方も多くいらっしゃるかもしれません。
当クリニックでは、こうした患者様のご負担を軽減するために、鎮静剤と鎮痛剤を使用した上での胃カメラ検査にも対応しております。うとうとと眠ったような感覚になっている間に検査が終わります。その間も、医師とのコミュニケーションができる程度には意識がありますので、万が一苦痛や異変が生じた際にはお伝えいただけます。
また、検査中は常時生体モニターにて患者様のお身体の状態を監視しています。

「経鼻内視鏡」

当クリニックでは直径約5mmの極細カメラを鼻から通す「経鼻内視鏡検査」も導入しております。これまでの胃の検査に付き物だった不快感を、大幅に軽減できます。検査中に医師と会話ができる点もメリットと言えます。なお、鼻の骨折の既往がある方や鼻炎等の持病がある方は適さないこともあります。その場合は口から細経内視鏡で検査を行います。また、術後胃(手術後の胃)の状態に関しても検査・診断が可能です。

 

内視鏡洗浄機による徹底した衛生管理

当クリニックでは院内に内視鏡洗浄機を設置しております。徹底した洗浄・消毒、厳格な管理体制を整え、患者様の安全をより確実なものにしています。

胃カメラ検査はこんな方におすすめです

下記項目に1つでも当てはまる方は、定期的に胃カメラ検査を受けられることをお勧めします。

  • 胃痛、胸やけ、腹痛、吐き気が続いている方
  • げっぷが頻繁に出る方
  • 日常的にみぞおち周辺に痛みを感じる方
  • 黒い大便が出ることがある方
  • ダイエットや運動をしていないのに体重が減ったという方
  • 動悸、息切れのある方
  • 貧血気味の方
  • 健康診断で再検査が必要となった方
  • 40歳を超えた方
  • 食道がん、胃がんになったご家族やご親族をお持ちの方

胃カメラ検査で発見できる病気

咽頭がん、喉頭がんなど

食道

食道がん、食道静脈瘤、逆流性食道炎など

胃がん、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、 胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症、逆流性食道炎など

十二指腸

十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、乳頭部腫瘍など

胃カメラ検査の流れ

1検査前日

検査の前日は、21時までに夕食を終え、以降就寝まで食べ物は摂取せず、飲み物のみにしてください。また、アルコールの摂取はお控えください。体調調整のためにも、早めの就寝をお願いしております。

2検査当日

朝食は抜いていただき、水分も少量のお水かお茶、スポーツドリンク等の摂取に留めてください。ご予約いただいたお時間にご来院ください。
※鎮静剤と鎮痛剤を使用した胃カメラ検査のあとは、一時的に意識レベルが低くなります。自動車、バイクだけでなく、自転車でのご来院もお控えください。

3検査前準備(約15分)

検査前には、消泡剤を飲んでいただき、胃の内部の泡やたんぱく質を除去します。こうすることで、より正確な胃カメラでの観察が行えます。その後、喉へ粘膜麻酔剤を吹きつけます。
※ご希望の方には、鎮静剤と鎮痛剤を使用した、より苦痛の少ない検査もご用意しております。事前に医師にご相談ください。

4検査(約10分)

口からファイバースコープを挿し入れ、検査を行います。
※ご希望の方には、鼻から極細カメラを通す「経鼻内視鏡検査」を行うことができます。事前に医師にご相談ください。

5検査後の安静(約1時間)

鎮静剤と鎮痛剤を併用した場合、意識が覚めるまで、院内にて約1時間安静にしていただきます。また、検査後1時間程度は、飲食、喫煙はお控えください。

6検査結果の説明(約15分)

検査結果を詳しく説明させていただきます。

その他胃カメラ検査についての注意事項・補足事項

  • 検査当日の所要時間は、検査準備~検査結果の説明で約2時間です。
  • 高血圧や糖尿病などの治療中の場合は、検査前に医師にお申し出ください。
  • 普段服用されているお薬がある方は、事前にお伝えください。また、おくすり手帳をご持参ください。
  • ごく稀に、鎮痛剤の影響で検査後の説明を忘れてしまうことがあります(逆行性健忘)。後日再度ご説明いたします。
  • 胃カメラ検査と同時に、大腸カメラ検査を受けていただくこともできます。
TEL:0798-23-6755
一番上に戻る